郵便局 生命保険

「簡易保険」とは、正式には「簡易生命保険事業」といいます。
郵便局で取り扱っている、日本郵政公社が運営する生命保険です。
販売は営業職員(外交員)と郵便局窓口です。
1916年(大正5年)10月1日に当時の逓信省(後の郵政省)によって創業されました。
郵政民営化により、2007年(平成19年)10月1日には、設立ずみの準備会社(株式会社かんぽ)を改組する形で「株式会社かんぽ生命保険」が設立され、業務が移管される予定です。
「簡易保険」は通常の生命保険と違い、色々な特典があります。時効期間の違い等細かい違いもありますが、特徴的なのが「倍額保障」と「非常取り扱い」です。
●倍額保障
「倍額保障」とは、不慮の事故・災害または特定感染症による死亡の場合に、基本保険金額で終身又は養老保険部分の金額と同額が、死亡保険金として上乗せ保障される制度で、 民間保険会社の「災害割増特約」が、主契約に自動付帯されているのと同様の仕組みになっています。
続きを読む

年末調整生命保険料

■生命保険料控除ってそもそも何でしょう?
「今年払った生命保険の額に応じて、所得税が安くなる」という事です。
生命保険料を払っている方には、毎年お手元に「生命保険料控除証明書」が届くはずです。これは会社に提出する物ですから大切に保管して下さい。
■証明書を見ると、数字がふたつ書いてあります、どっちを記入するのでしょう?
口座振替等で、保険料を月払いしている場合、証明書には、証明書発行時までに支払われた額を「証明額」、12月まで同じ額を払い続ける事を前提にした額を「参考」という表現で、記載している事があります。
所得税は、毎年12月31日時点の状況で確定します。
ですから、解約や金額変更の予定が無いのなら、「参考」の金額が12月31日時点の支払い額となるはずです。
また、月払いの場合、月額のみ書いてある証明書の場合は12倍した額を書いて下さい。
続きを読む

生命保険

日本での生命保険とは、人の生命や傷病に関する支出を保障することを目的とした保険で、契約の条件に該当する場合、生命保険会社が受取人に保険金を支払うことを約束するものです。
また、日本郵政公社の「簡易保険」や、農協や生協などの共済事業の中で「生命共済」の名前で取り扱われているものもあります。
いずれにしても、普通、年齢とともに高まる病気時や死亡時の保障をするための仕組みです。
外来の事故のみを保障する「傷害保険」とは違いますが、「終身保険」や「医療保険」などに「特約」としてケガなどの「傷害保険」をつけられるところもあります。
続きを読む

生命保険 相談

保険会社が多くある中で、生命保険の見直しをしようとしたとします。
あなたはどこ(誰に)に相談しますか?
「保険勧誘員!!」
という方が多いかもしれませんが、保険を正しく選ぶためには絶対にダメです!!
「保険勧誘員」にお願いしても希望通りの見直しをしてもらえないことがあるからです。なぜなら、「保障額を下げる」、「保険料を安くする」という見直しは、「保険勧誘員」が、ペナルティを負うこともあるからです
では、どこに相談すればいいのでしょう?
一番いいのは保険会社の相談窓口です。
生命保険の見直しは、各生命保険会社の相談窓口でするのが一番いいと思います。
生命保険会社の見直しは、保険会社の規定に基づいて取り決められていますがその規定は頻繁に変更されていますので、見直し規定の全てを「保険勧誘員」が把握していない場合があるかもしれないからです。
続きを読む

生命保険 見直し

生命保険の見直し
生命保険見直しのオススメ「時期」は、少し先の生活環境を考えるとわかりやすいと思います。具体的には、何かの節目の少し前から考えるといいと思います。人生の節目は、とても忙しく、保険のことを後回しにする人が多いですが、生活環境の変化の準備時期から、保険の見直しができるとよいでしょう。
「見直し」をした場合の多くは、「一部を替える」という方法で解決する場合も多いので、どれをやめるかよりも、どれ必要かを考えると、見直しやすいと思います。
保険は加入時の年齢で保険料が決まっていますので、新しい保険に切り替えると、その分、保険料が高くなるのが一般的です。また、古い保険ほど予定利率が高いので、貯蓄性のある保険の場合、安易に切り替えない方がいいでしょう。
但し、保障内容に関しては、新しい保険の方が、その時の医療事情に合ったものが多く、とくに医療保険は、医学の進歩に伴って今は短期入院が多く、医療保険も「1日目から給付」できるものに変わっています。


続きを読む
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。