生命保険 見直し

生命保険の見直し
生命保険見直しのオススメ「時期」は、少し先の生活環境を考えるとわかりやすいと思います。具体的には、何かの節目の少し前から考えるといいと思います。人生の節目は、とても忙しく、保険のことを後回しにする人が多いですが、生活環境の変化の準備時期から、保険の見直しができるとよいでしょう。
「見直し」をした場合の多くは、「一部を替える」という方法で解決する場合も多いので、どれをやめるかよりも、どれ必要かを考えると、見直しやすいと思います。
保険は加入時の年齢で保険料が決まっていますので、新しい保険に切り替えると、その分、保険料が高くなるのが一般的です。また、古い保険ほど予定利率が高いので、貯蓄性のある保険の場合、安易に切り替えない方がいいでしょう。
但し、保障内容に関しては、新しい保険の方が、その時の医療事情に合ったものが多く、とくに医療保険は、医学の進歩に伴って今は短期入院が多く、医療保険も「1日目から給付」できるものに変わっています。


●途中解約で損をする保険の代表
学資保険(こども保険)、個人年金保険、養老保険など貯蓄型の保険は保険料や利率の問題で損になることが多いようです。
●途中解約する前に調べた方がいい保険
終身保険の場合も保険は保険料や利率の問題がありますので、将来の受取金の差を比較してからにした方がいいでしょう。
●定期的に見直したほうが良い保険
医療保険はその時の医療方法に沿ったものが多いので定期的に条件を見直してみたほうがいいでしょう。
●必要に応じて、加入、解約しやすい保険
定期保険、掛け捨ての保険全般は、解約することでの金銭的損失ありませんのので、必要に応じて加入したり、解約しても大丈夫です。
●一部のみやめるという選択が有利な保険
定期付き終身保険は、例えば、定期部分は減らし終身部分は残すなど損のないように調整したほうがいいでしょう。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。