生命保険

日本での生命保険とは、人の生命や傷病に関する支出を保障することを目的とした保険で、契約の条件に該当する場合、生命保険会社が受取人に保険金を支払うことを約束するものです。
また、日本郵政公社の「簡易保険」や、農協や生協などの共済事業の中で「生命共済」の名前で取り扱われているものもあります。
いずれにしても、普通、年齢とともに高まる病気時や死亡時の保障をするための仕組みです。
外来の事故のみを保障する「傷害保険」とは違いますが、「終身保険」や「医療保険」などに「特約」としてケガなどの「傷害保険」をつけられるところもあります。
また、生命保険では、統計から年齢ごとの死亡率にあった保険料を算出することで、保険会社が受け取る保険料と保険会社によって支払われる保険金が同じくらいになるようになっています。
契約者が支払う保険料は、年齢ごとの死亡率に応じた保険料の合計を期間全体で平均した金額となるのが一般的です。
生命保険会社では、他にも貯蓄や老後の保障といった「財形貯蓄積立保険」や「個人年金保険」など様々な保険がありますが、これらも広い意味で生命保険と言えます。


内容、保険料など色々と比較して自分のライフススタイルにあった保険に加入しましょう。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/53259742
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。