生命保険加入カテゴリの記事一覧

郵便局 生命保険

「簡易保険」とは、正式には「簡易生命保険事業」といいます。
郵便局で取り扱っている、日本郵政公社が運営する生命保険です。
販売は営業職員(外交員)と郵便局窓口です。
1916年(大正5年)10月1日に当時の逓信省(後の郵政省)によって創業されました。
郵政民営化により、2007年(平成19年)10月1日には、設立ずみの準備会社(株式会社かんぽ)を改組する形で「株式会社かんぽ生命保険」が設立され、業務が移管される予定です。
「簡易保険」は通常の生命保険と違い、色々な特典があります。時効期間の違い等細かい違いもありますが、特徴的なのが「倍額保障」と「非常取り扱い」です。
●倍額保障
「倍額保障」とは、不慮の事故・災害または特定感染症による死亡の場合に、基本保険金額で終身又は養老保険部分の金額と同額が、死亡保険金として上乗せ保障される制度で、 民間保険会社の「災害割増特約」が、主契約に自動付帯されているのと同様の仕組みになっています。
続きを読む

生命保険

日本での生命保険とは、人の生命や傷病に関する支出を保障することを目的とした保険で、契約の条件に該当する場合、生命保険会社が受取人に保険金を支払うことを約束するものです。
また、日本郵政公社の「簡易保険」や、農協や生協などの共済事業の中で「生命共済」の名前で取り扱われているものもあります。
いずれにしても、普通、年齢とともに高まる病気時や死亡時の保障をするための仕組みです。
外来の事故のみを保障する「傷害保険」とは違いますが、「終身保険」や「医療保険」などに「特約」としてケガなどの「傷害保険」をつけられるところもあります。
続きを読む
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。